最近の人気の車は?

最近、走り出す時にとても静かな電気音しかしない車をよく見かけます。

ハイブリッド車やEV車といった電気を使う自動車です。
東日本大震災の原発事故以来エネルギー問題が声高に議論されていますが、
その時期よりも先行して新エネルギーに取り組んでいたメーカーの熱意には頭が下がります。

原発事故は電気の供給に直結する問題にもかかわらず、
人々の思考はエネルギー全般に向いたのです。
 
原発が使えないのであれば火力発電に頼るしかないということで、
原油の供給に不安を感じることになります。

「同じく石油が必要な自動車に燃料が回ってこないのではないか?」という不安が起きます。

結果として燃料代が高騰するので「自分の乗る車は燃料消費率が抑えられているものがいい」
ということになります。
ですからハイブリッド車やEV車に人々の関心が向かうのでしょう。
 
車の人気は高度経済成長の頃から安全性、デザイン、居住性、
そして燃費というものに分散されてきましたが、
最近の動向を見ていると燃費が一番の関心事のようです。

新車の販売ではハイブリッド車がかなりの人気を得ているようです。
中古車市場にもハイブリッド車は出てきています。
しかし値段が全然落ちてきません。人気があるのでしょう。
 

このように自動車の人気は社会の不安要素を少しでも埋めてくれるものに向かうようです。
自動車に乗るのに「お金に糸目をつけない」
というような人は本当に一握りの人しかいないと思います。

特に今のような社会情勢ですとお金のかからない車種の人気度は高いようです。
トラック王国の評判を見よう!