健康的に燃焼ボディをつくる

「あなたの食生活の考えはポジティブシンキングですか?」

あなたの食生活はどのような感じですか?

「そうね~。出来るだけ規則正しく食べようと思っているのだけれど・・・」
「どうしても、お酒が止められなくて、ついつい晩酌しちゃうのよね。」
「朝ごはんを食べた方がいいのはわかっているけれど、朝は忙しくて、なかなか・・・」
「揚げ物を控えた方がいいのはわかっているのだけどね~。どうしてもお昼の外食は
揚げ物になっちゃうのよね。」
「夜、食べすぎはダメだとわかっているけれど、遅い時間に食べるクセがとれなくて・・・」
「炭水化物が大好きでご飯とうどん定食なんかを食べ過ぎている気がするわ。わかっているのだけれどね。ご飯やパンが大好きなんだもの。」

などなど。沢山のお声が聞こえてきましたよ。

「わかっちゃいるけど、やめられない!」的なお声って多いような気が致します。
そうですよね。
賢明な皆さんはご存知なんですよね。

美容と健康とそして、ダイエットに良いのはどのような食生活なのか。
世の中はプラス思考でいきましょう。が当たり前になっていますよね。
でも、食生活をお話する時にはなぜか出来ていない事を沢山あげてしまいませんか?

こうしたらいい。ってわかっているけれど出来ないって。
あなたのプラス思考を上手に活用して出来ない事をあげるより、できる事を
していってはいかがでしょうか?

例えば、お酒が止められないのであれば、お酒のあてに気を使うようにしたり
(あては、納豆やお豆腐、お野菜、枝豆、おでんなどもいいですね。糖の上昇を緩やかに
 胃腸も整えてくれます。)

または炭水化物が大好きなあなたは、お昼に炭水化物セット(笑)のうどんプラスご飯定食などを頂きましょうよ。夜に頂く場合はおかずもしっかり食べましょう。
「えっ~!うどんとご飯食べてまだおかずも食べるの!?余計にふとっちゃいそう。」
って思いましたか?

ところが炭水化物だけだと、血糖値が急激に上がって太りやすくなっちゃいます。
そこに体脂肪を燃やす食材をプラスしましょうよ。

「ふ~ん。でも体脂肪を燃やす食材って何?」
そうですね。体脂肪を効率よく燃やすためには「アミノ酸」「ビタミン」「ミネラル」が
必要です。

「アミノ酸ってよく聞くけど何なの?」
そんな疑問のお声が聞こえてきました。

アミノ酸は私達のカラダをつくるたんぱく質の構成成分の事です。
20種類あると言われています。
その中でも9種類は食事から摂らないとカラダの内で作られないのです。

脂肪代謝をアップするためにも摂る必要があるんですよ。
おかずに、お肉やお魚を入れるといいですね。そう考えるとおうどんは肉うどんに
すると良いでしょう。
そしてビタミン・ミネラルとして、お野菜を入れるともっと良いですね。

もちろんおうどんにはおネギをたっぷりね。
更に生野菜として、お漬物を追加する事をオススメします。
これで酵素も摂れて代謝が良くなりますよ。

こう考えると、マイナスからプラスに転じていけますよね。
できないから、できるように。引くから栄養素を足すように。
一緒に楽しみながら、健康的に燃焼ボディを作りましょう。
まいぷぅがプロデュースのデトックス茶「美甘麗茶」誕生!

肥満を防止!

「肥満防止の栄養素とは?」

あなたは肥満を防止する為にどんな事に気を配っていますか?
「もちろん、ひたすら食べるのをガマンよ!」
「一生懸命運動しているわ。」
さてこれらのご意見をどう思いますか?
食べるのをガマンは、太りやすくなる!ってことを懸命な読者の皆様であれば
ご存知ですね。
これは読者の皆様も賛成ではないでしょう。
では、「一生懸命運動している」はどうでしょうか?
一生懸命運動は素晴らしいのですが、運動しているから大丈夫!って油断して消費分以上に食べてしまうって事はないですか?
例えば
「今日は沢山、運動したわ~だからケーキとジュースこれくらいは大丈夫よね。」
「今日は運動していないけれど、昨日運動したからお菓子くらい食べても大丈夫よね♪」
なんて。
これでは本末転倒といったところ。運動は大事ですが消費した以上に沢山食べていると
余った分は脂肪にまわされちゃいますよ。

「食べるのをガマンするのは良くないのでしょう?食べる事はいいことですって
いつも言ってるじゃない?」
そんなお声が聞こえてきました。
そうです!食べるのはいいことです。
でもね、食べる内容を吟味する必要ってあると思いませんか?

そうです。あなたのお考えの通り。栄養のあるものを食べる!ココが大事ですよね。

さらに美容とダイエットをお考えのあなたは肥満を防止する栄養を選んで食べるのは
とても賢い考えだと思いませんか?

「肥満を防止する食べ物って一体どんな食べ物?具体的に知りたいわ。」
そうですね。知りたいですよね。
ではお答えします!
ある研究結果からです。
色々な食生活をして調べたデータでグループ分けしたところ
高血糖、血圧、肥満などが少ないグループに共通している食べ物があったらしいですよ。
それは何かと言うと「マグネシウム」と「タウリン」。
「マグネシウム」と「タウリン」の摂取がバランス良く摂れているチームは
肥満がなく、病気もかかりにくい。っていうデータなんです。

このデータ通りだとぜひとも、食生活に取り入れたいものですよね。
では「マグネシウム」が摂れるものって何でしょうか?
コレは好き!って方多いのではないでしょうか?
「マグネシウム」が摂れる飲み物。さて何でしょうか?
お分かりですか?
はい!そうです。あなたも好きですか?
「ココア」ですね。
「ココア」だと夜に口が寂しいって時にお腹や心を満足させやすいですね。
この時、気をつけて欲しいのがココアに白砂糖を入れないように。
豆乳にココアで頂くのがダイエット的にオススメです。
あとはわかめ、ひじき、納豆なども「マグネシウム」を摂る機会を与えてくれますよ。

では、もうひとつ「タウリン」が含まれているものは何があるのでしょうか?
具体的に言うと貝類、イカ、タコに含まれているのです。

タウリンはコレステロールを低下させてくれる働きがあります。
あなたは魚介類を食べていますか?
日常的にたこやイカ、牡蠣、ホタテなどを食卓に取り入れてみるのも良いと思います。

また、大量のアルコールを飲むと体内のマグネシウムが不足します。
お酒を飲むことが多い場合は「マグネシウム」を意識してみてはいかがでしょうか?
あなたの肥満を防止してくれる強い味方です。
黒ずみ、くすみでお悩みならホスピピュアが最適です!

ダイエットもストレスに

「あなたのむくみを作用するホルモンの正体とは?」

あなたは日頃、仕事が終わる頃になったら脚がパンパンにむくむの~!とか
顔のむくみが気になってしようがないわ。なんて気持ちないですか?

むくみの正体って一体何なのでしょうか?
「むくみ」はなぜ起きるのか?
以前にもお話したかと思いますが少し復習してみましょうね。

カラダの血液は心臓に向かって流れていますね。
脚は心臓から遠いのですが、脚の先から心臓に向けて血液や水分を流す必要があります。
だから、脚は第2の心臓と言われるポンプの役割をしているのです。
そして筋肉はポンプの役割を強くします。
筋肉が減ればポンプの役割が弱くなって心臓に血液中の水分を押し上げる力が
弱くなってしまいます。
そしてリンパの流れを良くしないと老廃物を溜め込み、
結果、脚に水分が滞り血液のめぐりが悪くなり、むくみへと繋がっていくのでしたよね。

そしてもうひとつむくみの原因に水分の摂取不足。というのがあります。
「水を摂りすぎるとむくむのよ。」って言う方も多くいらっしゃいます。
あなたはいかがですか?
でも正確には「水を摂らないからむくむ」のです。
リンパを流すためには充分なお水を摂ることが必要なのですよ。
そうなるとリンパの流れを良くすると老廃物が溜まりにくくむくみになりにくくなると思いませんか?

そして「むくみ」を招くホルモンの存在をご存知ですか?
「え~!そんなホルモンがあるの。知らなかったわ。」
って方も多いのではないでしょうか?

ではそのホルモンどんな時に出るのでしょうか?
実はストレスが過剰になると分泌されるホルモンなのです。
その名も「コルチゾールホルモン」と言います。
副腎という部位から分泌されます。
「コルチゾール」は緊急時に分泌されると言われていますが
ストレス過剰というのは緊急事態と考えられるのです。
長期に渡っての人間関係のストレス、仕事のストレス、そしてダイエットもストレスに
繋がります。
ダイエットは食べたい!でも食べてはいけない!
この心の葛藤や罪悪感など激しくダイエットする際には大きくストレスとなってしまう事はダイエットを経験したことの有る人には充分すぎるほどおわかりかと・・・。

このストレスが「コルチゾール」を分泌。
実はこのコルチゾールホルモン。どんな作用があるかと言うと筋肉を削ってしまうのです。
筋肉は痩せるのに必要な体の脂肪を燃やすエンジンのようなもの。
その筋肉を削られるなんてたまったものじゃないですよね。

そして筋肉量が減ると前述したように血液を押し上げる力が不足してむくみの原因になります。
さらにコルチゾールが原因でカラダに水分を溜め込むようになっていくのです。
水分を排出するシステムの邪魔をするのがコルチゾール。
これがむくみの原因になってしまっているのです。

では、ストレスが続いてコルチゾールが流れ始めるとあなたの対策はどうすればよいのでしょうか?
そうです!筋肉を削られるのですから、筋肉の元になるたんぱく質を摂る!事で対抗しましょう。
そして簡単ではないですが、ストレス過剰にならないように、楽観的に楽しむことも忘れずに。
背中ニキビや背中ニキビ跡を治す方法

答えは軽めの食事

「忙しい時はしっかり食べて乗り切る!は間違い?!」
あなたは忙しい時は食べなきゃ!って思い込んでいませんか?
果たしてその思い込みって正しいのでしょうか?
「もちろん!仕事するには食べるが基本でしょ!!」
そうですよね。しっかり栄養を摂ることが脳のエネルギーにもなりますよね。
でもね、沢山食べた後ってどうでしょうか?
実は、食べ物を消化するという作業は大変なエネルギーを必要とします。
ってことは?
消化にエネルギーを摂られている間、血液は胃に集中するのです。
そうして消化にエネルギーがとられている間、脳の方のエネルギーは不足してしまうんです。
その証拠に沢山食べ物を食べた後はぼんやり眠くなりますよね。
あの状態が脳のエネルギーがとられている状態なんですよ。
経験ありますよね?
逆にお腹がすいている時の方が脳が冴えている気がしませんか?
食べ物を食べるという事はカラダを疲れさせる要因でもあるってことなんです。
エネルギーを必要とするのですから。
逆に食べなければ、脳に血液のめぐりがいきますので、集中してお仕事するときは
食べない方がはかどるって訳です。
お仕事を終わらせなきゃと思ってとにかく何か食べておこうと考えた時、
あなたは何を食べますか?
「仕事がたてこんでいるのだから、とりあえずコンビニでお弁当を買うかカップめんや
菓子パンよね。だって時間かけれないから。」
そうですよね。忙しいからとりあえずコンビニは多いと思います。
ではコンビニのお弁当って油っぽいもの揚げ物たっぷりのお弁当多いって思いませんか?
揚げ物たっぷりの食品は胃に負担がかかりやすいですよね。
だって揚げ物たっぷりの食事をすると胸ヤケしませんか?
それって負担がかかっているってことだと思いますよね。
特に体内で分解されにくいインスタント食品やコンビニの菓子パンなどは当然、大きな負担になっちゃいます。
ではおなかがすいているあなたが、さっさと効率よくお仕事を終わらせて、スッキリするためにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは軽めの食事。栄養が補給できそうなおにぎりなんかも有りですね。
ご飯は脳のエネルギーの糖質ですから。あとは野菜ジュースなどのドリンクでお腹を
落ち着かせてみてはいかがでしょうか?
軽食であれば、胃に負担がかかりませんから、脳の働きも鈍くなりにくいでしょう。
よくビジネスマンが栄養ドリンクを飲んでいるのを見かけますが、さて栄養ドリンクは
本当に元気になるのでしょうか?
「私も実は元気を出すために栄養ドリンクを飲んで乗り切るのよ。」
こんなお声も聞こえてきそうですが・・・
あなたはどうですか?
栄養ドリンクを飲むと確かにひと時、元気になる気がします。
でもその元気は長く続きませんね。
では、なぜ元気になるのでしょうか?
濃縮カフェインが含まれていたりして覚醒作用があるからなんですよね。
目覚めさせる為にコーヒーを飲んだりしますよね。
その濃いバージョンとでもいいましょうか。
糖分も結構多くて肝臓で処理もしずらい材料も多く含まれているようです。
従って、栄養ドリンクもカラダを結局は疲れさせてしまいます。
仕事を能率よくするには脳やカラダを疲れさせないことが大事ですよね。
結果、仕事するには食べる!はどうですか?
当然、1日何も食べていなくて栄養が不足しているのはダメですが、
仕事に集中するには多少お腹がすいている位の方がいいっておわかり頂けましたか?
たまには胃腸を休める事で仕事もはかどり、ダイエットにも良いのではないでしょうか?
看護師求人で外来勤務希望の主婦